もしかしたら早漏なのかも?とお悩みの皆さん、大丈夫、改善の方法はいくらでもあります。ここで原因やトレーニング法を試してみましょう。更には射精のメカニズムや医療品などの紹介もあります。最後まで諦めないで頑張ってみましょう!

射精を我慢しつつEDもカバーするスーパーPフォース

スーパーPフォースは、EDと早漏を同時に改善することを目的としたサンライズレメディー社が開発したジェネリック医薬品です。
スーパーPフォースは簡単に言えばED治療薬と早漏防止薬の両方の成分を配合したものです。
有効成分としてはシルデナフィルを100mg、ダポキセチンが60mgが配合されています。

シルデナフィルはバイアグラに含まれている成分でダポキセチンは早漏防止薬に含まれています。
シルデナフィルを服用すると勃起を収めようとする酵素の働きを阻害するという効果がありペニスの勃起の持続時間を長くすることができますが、射精を我慢するといった事はできません。
このため刺激に弱い体質、つまり早漏の場合にはすぐに射精してしまいます。
1度射精をしても勃起をしやすい状態であるので持続することができますが、最初のセックスで女性が満足するまで我慢出来ずに射精するとその後に悪い影響が出ます。
一方でダポキセチンだけを摂取しても射精を我慢することができますが、あまり我慢すると勃起が収まってしまうため、中折してしまいます。
それらを防ぐために勃起の持続時間を延ばすバイアグラと射精までの時間を遅らせるダポキセチンを一緒に配合することで、女性が満足するまで射精を我慢することができるといったものです。

またスーパーPフォースのメリットはその効果だけでもなく価格で、1箱4錠入りで約2000円で1錠500円程度です。
バイアグラそのものは1錠1500円で、ジェネリック医薬品でも1000円程度ですからED治療薬だけみても安価です。
ダポキセチンの含まれた早漏防止薬を別に服用することを考えれば、お得に早漏防止と勃起の持続時間を延ばすことができます。

服用方法も一般的にはセックスの前の1時間前に服用することとなっていますが、食前に服用すれば15分程度、食後であれば45分程度で効果が出てきます。
またスーパーPフォースの効き目は最大で4時間程度持ちます。
一方で含まれるシルデナフィルは100mgと日本人には多めになるのでピルカッターなどで半分または4分の1でも十分な効果を得ることができます。

EDじゃない人はスーパーPフォースを飲んでも問題ない?

EDではない人でもスーパーPフォースを飲んでも問題ありません。
得られる効果としてはペニスの勃起力を高めて持続時間を延ばすこと、そして早漏を防止して射精を我慢することができます。
このため完全なEDというほどでもないにしても満足のいくセックスをサポートするために服用する人も多くいます。

一方でスーパーPフォースを服用するさいに気になるのが副作用の存在です。
副作用としてよく見られるのは軽い頭痛、顔の火照り、体が熱くなる、鼻づまりといったものがあります。
症状としては風邪に似たもので、火照りはアルコールを飲んだといったものです。
スーパーPフォースによる副作用ですので、成分が体から抜ければ副作用も収まります。
副作用を出にくくする方法としては、水分は多めに取る、アルコールは控える、服用間隔は24時間以上、50mg以上の服用は控えるといったことがポイントになります。

特に服用方法としては1錠をまるごと服用するのではなく最初は少量からスタートすることが副作用を出さないためのポイントになります。
そもそもスーパーPフォースにはシルデナフィルが100mgも配合されていますが、日本で一般的に処方されるバイアグラのシルデナフィル含有量は50mgと25mgですから、日本人にとっては多すぎる量といえます。
このため半分または4分の1程度を服用してみて副作用がないか確認するのが良いでしょう。
またダポキセチンは興奮を抑えることで射精を遅らせるといったものですが、過度に服用すると返って性欲が減退したり射精できなくなるリスクがあります。
そのため少量からその効果を確かめることが失敗しないためにも重要ですし、スーパーPフォースの副作用が強く出るとセックスに集中することができなくなるため、せっかく服用しても満足いく結果を得られないこともあります。